10年前に集英社から届いた封筒を開けてみた

jump1

クローゼットの大掃除をしていたところ、何やらデッカイ封筒が出てきた。

なんぞこれ…と思ってよくよく見てみると、差出人が天下の「集英社」さまになっているではないか。私がジャンプを購読していたのは大体10年前…なのできっとこの封筒が届いたのも10年前なんだろう。ていうかなんで放置してたんだろう。

大きさはA4より一回り大きいくらい。厚紙かダンボールが入っているのか、全体的に固い。つまり折れては困るもの=ポストカードかクリアファイルと予想。たぶんテニプリかNARUTOだと予想。

折角発掘したので、開けてみることにしました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

どうやら懸賞に当たった?感じらしい

jump2

裏面。しっかりとガムテープで封がしてあります。

jump3

そして右下には「少年ジャンプ商品発送係」のスタンプが。

というか懸賞に応募した記憶が全く無いんだけど…こわ…

開封してみた

jump4

では開けてみましょ…ヒェッ!!神の子や!!!

jump5

予想通り、テニプリのクリアファイルでした。

10年寝かせたクリアファイルか…正直リアクションに困る

jump6

裏面はこんな感じ。このミイラ男誰だっけ…乾だっけ…?

jump8

ていうか何この人選。

比嘉から2人選ばれてて、片方が田仁志慧君ってどういうことなの。

いや田仁志君も可愛いけど…なんで全体的に色物寄りなの…

やっぱりたしけ先生は天才だな…

なんか紙が入ってた

jump7

あー…なんか応募した気が…する…思い出した…。

抽選で当たった人はファンブックに名前が載せてもらえるよ!っていう企画だったんだよね。友達数人と応募して、友達数人が漏れる中、わたしは無事に載せてもらったんだよね…。

完全に黒歴史やんけ…

まとめ

サイン入りグッズとか出てきたらいいなぁ♥なんてちょっと期待してたんですが、思いがけず黒歴史を掘り返されるという恐ろしい結末になりました。

折角なのでクリアファイルは使おうと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする