Photoshopで写真をアメコミイラスト風に加工する方法

amecomi_illust_effectba

Photoshopの「ハーフトーンパターン」フィルタを使って、普通のお写真をアメコミテイストに加工してみましょう。

「フィルタかけて→描画モード変更」程度の作業で終わるので、ものすごく簡単ですぞ。
学祭とか町内会のチラシにもオススメですぞ。

ではではサクッと参りましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

今回使用するお写真

amecomi_illust_effect1

こちらのビックリお姉さんを加工していきたいと思います。
アメコミ=驚いてるオネーチャンというイメージがあるんだけど…私だけか。

レベル補正で写真にメリハリをつける

amecomi_illust_effect2

イメージ>色調補正>レベル補正を開き、写真にメリハリをつけます。

明るい部分は白飛びするくらい、暗い部分は黒く潰れるくらいのイメージでガッツリやってしまいましょう。

レイヤーを複製する

amecomi_illust_effect3

まずレイヤーを1枚複製します。
わかりやすいようにレイヤー名を「アメコミ風」に変更しました。

フィルタの準備をする

amecomi_illust_effect4

[ D ]キーを押してから、[ X ]キーを押して描画色を白、背景色を黒に変更します。

[ D ]キーは描画色と背景色を黒白に変更するショートカット。
[ X ]キーは描画色と背景色を入れ替えるショートカットです。

ハーフトーンパターンフィルタを適用

amecomi_illust_effect5

「アメコミ風」レイヤーにフィルタをかけましょう。

フィルタ>フィルタギャラリー>スケッチ>ハーフトーンパターンを開きます。サイズを[12]、コントラストを[1〜5]、パターンタイプを[点]に変更し、適用します。

画像を反転する

amecomi_illust_effect6

イメージ>色調補正>階調の反転をクリック。

描画モードを変更し、不透明度を調整

amecomi_illust_effect7

描画モードを[リニアライト]に変更し、不透明度を[50〜60%]くらいに下げます。

完成です

amecomi_illust_effect8

ほい!完成です〜。

お好みで吹き出しや効果音をつけるとイイ感じになるかと思います。是非お試しください♪

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする