Photoshopで暗い写真を明るく鮮やかにする方法

brightness_intensity_retouch_ba

旅行先や撮影会で撮った写真が意外と暗かった…。そんな時はPhotoshopで補正しちゃいましょう。明るく鮮やかにを心がければOKです。

レイヤーを何枚も重ねて修正するのが好きなので、やたら記事が長くなってしまったんですが…「なんか色んなことしてんなー」くらいの感じでサクッと見ていっていただければと思いますー。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

トーンカーブで明るさを変更

brightness_intensity_retouch1

まずは全体を明るくしてあげましょうかね。[塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成]をクリックし、[トーンカーブ]を選択。トーンカーブレイヤーを新規作成します。

brightness_intensity_retouch2

図のようにカーブを調整します。首や髪の濃い影はそのまま残し、顔や背景などの薄い影を取り除くイメージです。

brightness_intensity_retouch3

明るくなりましたが、全体的に寒色が強いのでなんだか不健康な感じがしますね。

色相・彩度で彩度を上げる

brightness_intensity_retouch4

くすみを取るために彩度を上げましょう。[色相・彩度]レイヤーを新規作成します。

brightness_intensity_retouch5

彩度を[+10]しました。背景の緑や、服の紫、唇のピンクなどのバランスを見て、ガビガビな色合いにならないように注意します。

brightness_intensity_retouch6

随分キレイになってきましたね!

レンズフィルターで温かみをプラス

brightness_intensity_retouch7

明るく鮮やかになりましたが、髪の毛や肌の青みが強いので調整します。[レンズフィルター]レイヤーを新規作成します。

brightness_intensity_retouch8

フィルター暖色暖色系(85)を[10%]で適応。[輝度を保持]にチェックを入れておきます。あまりガッツリ色を入れてしまうと、白熱灯の下で撮ったような写真になってしまうので、ほんのり程度にとどめておくのがポイントです。

brightness_intensity_retouch9

寒々しさが軽減されました!

色相・彩度で服の微調整(マスクを使用)

brightness_intensity_retouch10

明るくなったのはいいのですが、服の色が薄くなってしまった気がします。服だけ彩度を上げて調整しましょう。色相彩度レイヤーを新規作成し、彩度を[+10]しました。

brightness_intensity_retouch11

写真全体にではなく、服にだけ効果を適用したいのでレイヤーマスクを使用しましょう。マスクを選んで、黒で塗りつぶします。

brightness_intensity_retouch12

白色のソフトメカニカルブラシ(不透明度10%〜20%)で、服の上をなぞります。

brightness_intensity_retouch13

服だけ彩度が上がって色が濃くなりました!

カラーバランスで最後の仕上げ

brightness_intensity_retouch14

まだ少しだけ肌の色が悪いので、少し赤味を足して終わりにしましょう。[カラーバランス]レイヤーを新規作成。

brightness_intensity_retouch15

図のように数値を打ち込みます。上から[+3]、[-2]、[-5]と入力。シアンよりレッド、グリーンよりマゼンタ、ブルーよりイエローが強くなるように調整しています。

brightness_intensity_retouch16

青みが緩和され、肌の色がみずみずしくなりました。

まとめ

brightness_intensity_retouch17

レタッチに正攻法は有って無いようなものなので、色々とツールを組み合わせて自分に合った手順を見つけていただければと思います。

お付き合いいただきありがとうございました。

Photo by hsueh888tw

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする