【ネタ】ホラーちっくな女の子の白黒写真に色を着けてなんとか可愛くしたいんだ

color-neta1-eye-catch

不気味な女の子の写真を見つけたのでお借りしてきました。

一体いつの時代の写真なんでしょうねぇ。いいトコの娘さんっぽいけど、写りのせいでなんか不気味ですよねぇ…うん…うん…じゃあ、可愛くしちゃえばいいじゃない。可愛いは作れる!

かくして、この写真を出来る限り可愛くする簡単なお仕事が始まったのである。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

とりあえずゴミ取り

color-neta1-2

細かいゴミや傷が多いので、ダスト&スクラッチやスポット修正ブラシツール、スタンプツールなどを使って綺麗にすることに。

あとで作業しやすいように、彩度も落としきりました。

上唇が怖いので修正する

color-neta1-3

ここではたと気づいた。不気味さの原因は「影が真っ黒に潰れている」せいなのではないかと。黒く潰れてるとそれだけで劇画感が増すっていうか!ね!

目の上の影はちょっと修正しにくいんでそのままにしておいて、上唇をなんとかしましょう。

color-neta1-4

こちらのお姉さんの唇を合成することにしました。適当に選択範囲とってコピペして…

color-neta1-5

マスクでなじませたのがコチラ。おぉ、心持ちイイ感じになってきた気がします(笑)

女の子に着色する

color-neta1--6

カラーレイヤーを使って着色していきます。『毛は茶』『眼の色は緑』『服とリボンはえんじ』という設定で根気よくぬりぬりします。

とりあえずひと通りの色を置いてから…

color-neta1-7

焼きこみツールとスポンジツールを使って微調整していきます。服や顔の影といった暗くないと不自然な部分や、髪の毛や眼球の色などの彩度が高くなりがちな部分を中心に調整するとメリハリが出ます。眉毛や顔の輪郭、指の間なども思い切って焼きこんでしまいます。

color-neta1-8

覆い焼きツールでハイライトを入れたり、ソフトライトレイヤーでチークを入れたりして、ぴちぴちの女子っぽさを出そうと四苦八苦。

チークの入れ方はこちらの記事で説明しております→Photoshopでチークを入れる方法【色見本もあるよ】

背景は適当に着色する

color-neta1-9

ところでこの写真、屋外なのか屋内なのかいまいちハッキリしないんですよね…。肘掛けの雰囲気は屋内っぽいんですが、左端の辺は木がいっぱい生えてるようにも見えるし…。

とりあえず、肘掛けは肘掛けっぽい色、背景は森っぽい感じで塗ってしまうことにします。誤魔化しつつ誤魔化しつつ…あくまでメインは女の子なんだと自分に言い聞かせながら…。

完成です!

color-neta1-10

全体の彩度などを調整して完成です!(クリックで大きくなります)

いかがでしょうか。不気味さが若干マイルドになったのではないでしょうか。これでちょっとは可愛く…あれ?そうでもない?…精進いたします。

Photo by simpleinsomnia
Photo by thisismike

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする