【NTT 転用】光回線詐欺の電話がかかってきました

「NTT 転用」で検索するよう電話口で指示を受けている方は、一度電話を切ってください。転用番号は絶対に教えないでください。「我々はNTTの者なのでご安心ください」などと言われても無視して切ってください。

巷で話題の「NTTのふりをして、光回線を勝手に転用する業者」から電話がかかってきました。数年前から問題になっているようですが、実際に遭ったのは初めてでビックリしました。

契約には至らなかったので、なんとか事なきを得ましたが、手口があまりにも酷く、もはや「強引な勧誘」では済まされないレベルになっているかと思うので、僭越ながら簡単な対応方法をまとめておきます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

悪徳業者から電話を受けた際の対応方法

話を聞いただけの場合

転用承諾番号も個人情報も教えていない場合は、特に問題ありません。

着信拒否するなり、きっぱり断るなりして、とにかく無視しましょう。

NTTの公式サイトにも載っているように、NTTが転用案内の電話をかけてくることはまずありません。窓口や下請けを名乗ってくる場合もありますが、とにかく無視です。

転用承諾番号や個人情報を教えてしまった場合

転用承諾番号を新たに発行すれば、業者に教えた古い番号は自動的に無効となるので、とりあえずは安心できるかと思います。

エラーが発生し、転用承諾番号が発行できない場合は、既に転用希望が業者からプロバイダに提出されている可能性が高いので、速やかにプロバイダに連絡します。

万が一、業者が契約者になりすまし転用承諾番号を発行した場合は「不正アクセス行為」や「詐欺行為」にあたる完全な犯罪となりますので、もっと大事になってくるかと。流石にそこまでやらかす輩はいないはずとNTTのお姉さんがおっしゃっていましたが、どうでしょう…。

契約までしてしまった場合

プロバイダから自宅になんらかの書類が届いたとしても、契約者が承諾しない限り契約完了とはなりません。勝手な申込みを行った悪徳業者を調べるためにも、書類が届いた場合は早急にプロバイダに連絡します。※業者の紹介で転用になった場合、業者の情報が転用先企業に残るそうです(獲得件数によってマージンが発生するんでしょうね)

兎にも角にも、転用先のプロバイダに連絡しましょう。

また、市の消費生活相談窓口(消費者庁の管轄)に相談するのも有効です。

工事日が決まっている、すでに転用先の回線を開通してしまっているなど、話がかなり進んでいる場合は、違約金の発生や新規入会料金の発生など、話が非常にややこしくなることも予想されますので、覚悟をしておいた方がいいかもしれません…。

NTTとプロバイダと消費生活相談窓口に連絡しました

せっかくなので、色んな所に連絡をいれてみました。

どこまで意味があるかはわかりませんが、何かしら動いてもらえたらいいなぁ。

注意喚起のページ

NTT西日本の名前をかたった不審な電話や販売勧誘にご注意/NTT西日本

不適切な電話勧誘にご注意ください/総務省

光回線サービスの卸売に関する勧誘トラブルにご注意!/国民生活センター

また何かあれば追記します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする