自慢話されるとイラッとする?貴方は優しい人ですね

a459da14e1915382f522facb00860992_s

他人に自慢話されてもイライラしない私の考え方をご紹介。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

幼児に自慢されてイラッとしますか?

小さい子供に「ボクなわとび得意だよ!すごいでしょ!」と言われたとしましょう。

ここで、頭の血管がブチ切れそうなくらいイライラする人は少ないと思います。

まぁ、たまたま虫の居所が悪かったり、相手がものすごく憎たらしい子供だった場合は少しイラァ…っとくるかもしれませんが(笑)普通、そこまでイライラしませんよね。

自分より遙かに能力が高い相手だと、どうですか?

では逆に、自分より遙かに優れた能力を持った相手に自慢されたとしましょう。

ノーベル賞受賞者に「いやぁ、たいしたことしてないのにノーベル賞とれたよ!最近は忙しくて大変だよ!」と言われたらどうでしょうか。イラッとくるでしょうか。

私ならきっと「ノーベル賞とれた時点でたいしたことしてないワケが無いし、取材とかで色々忙しくなるよなぁすごいなぁ」で終わります。

変に対抗意識を燃やしたりせずに、素直に相手のすごさを受け入れた方が楽なんですよね。

自分と相手を対等に感じているからイラッとする

良くも悪くも「自分と相手を対等に考えすぎ」というのが、自慢されたときにイラッとくる原因なんじゃないかと思うんです。

自分にも簡単にできるような小さいことを自慢する人には「アラアラ◯◯ちゃんはすごいのねぇ」という気持ちで接していればいいし、自分にできない大きなことを自慢してくる人には「うわぁすごいなぁ!」と素直に感心していればいいんです。

私には、些細な自慢にイラッとくる人が「『なわとび自慢する子供』の話を超真剣に聞いている優しい人」に見えます。聞き流さないなんて、イイ人ですね。

イラッとくるのは、悪いことではない

色々書きましたが「イラッとくる」こと自体は決して悪いことではないと思います。

「チクショウ!俺だってやってやらぁ!」と、対抗意識を燃やしたほうがいい結果に繋がることもありますよね。スポーツや勉強、仕事などは特に。嫉妬や悔しさは、向上心に繋がる、人にとって重要な感情なんじゃないかと思います。

なので、「イライラが酷すぎて日常生活や人間関係に支障をきたしている!」なんてレベルで無いのであれば、無理に感情をコントロールしなくていいんじゃないかなぁと、身も蓋もない終わり方をしてみる。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする