精神の不調はカリウム不足のせいだったという衝撃的なお話

倒れて入院したとき、病院の先生に「カリウムを摂れ」って口酸っぱく言われたのだ。

実体験をまじえつつ「カリウム超大事!」と叫ぶのだ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

カリウム不足で失神

3月のある日のこと。
朝起きてすぐ失神しました。
なんの前触れも無しに、いきなり泡を吹いて痙攣しだしたそう(怖すぎる

気づいたら病院で、起きてはまた失神してを繰り返し、やっと意識がはっきりしたのが翌日の夕方頃でした。

今でも恐ろしいけど、倒れた日のことはほとんど覚えておらず…。
倒れる前の記憶はおろか、救急隊員さんと会話した記憶すらない。
MRIのとき一瞬意識が戻って「地獄ってほんとにあったんだ」って思ったのは覚えてる。

血液検査の結果、カリウムの数値がかなり低かった
ので、どうやらそれが原因らしい。

低カリウムで疑われる病気として、クッシング病やバセドウ病などがありますが、顔にも身体にも変化がなかったため(尋常じゃない太り方をするなど、わかりやすく変化が現れるそう)とりあえずは違うだろうとのこと。

何故カリウムが不足したのか

一昨年の秋から心療内科に通っており、結構強めの薬を処方してもらってました。
(失神の直前に、これまた強力な薬に変わったばかりだった)

そのうちの1つが、カリウムを破壊する作用があったそうで…。

まずこいつのせい。

そして、過度のストレスでほぼ拒食状態でした。
元々少食の痩せ型だったので、更に痩せてBMIが14ちょいとかそんなレベル。

外側からも内側からも、カリウムの低下に拍車をかけまくっていたのですな…。

そんなわけで、カリウムが下がることはあっても上がることは一切無く、どんどん正常値を下回っていくことになってしまったのです。

カリウムは心身の健康のもと

「3食ちゃんと食べて、夜はしっかり寝ること」

入院中に言い渡されたのはたったこれだけ。

なに食べようが、なにしてようが自由だけど、とにかくちゃんと食べてしっかり寝なさいと、なんか、人間として当たり前のことを言われました…(笑

規則正しい生活して、サプリ飲んで、カリウムを正常値にすれば退院できるらしい。

早く退院したい一心で、ご飯は必ず完食!10時に寝て6時に起きる健康生活!をしていたら、不思議なことにメンタルがとても穏やかになっていくではありませんか…。

怒ったり落ち込んだり「死ぬしかない」としか思えなかったり、かなり不安定だったのに。

「精神の不調の背景には、カリウム不足が潜んでいたんですよ。カリウムは、心身の健康をつくってくれる大事な栄養なんですよ」と先生に言われて、なんだかホッとしたやら情けないやらで…。

1年以上、高い薬を飲み続けても治らなかった不調が、食べるものに気をつけるだけであっという間に治ってしまったんですよ。

マジかよって感じですよ。

まぁ、栄養だけでなく「もしかしたら難病かもしれないねと脅される→検査したら違った」とか「看護師さんが超優しい。血液検査のとき、1人が注射してもう1人が手を握ってくれるという至れり尽くせり体制」とか「家族が丸くなった」とかで、ささくれだってた神経が落ち着いたのも、理由としてあるような気がしますが。

でも、入院前にもこのくらいきっちり食べて寝ていれば、いきなり倒れて周りに迷惑かけることもなかったんじゃないかなぁと思いましたね…それに「透析生活」とか「内臓がぶっ壊れてるかも」とか言われて恐い思いすることもなかったし(笑

ちなみに入院してから2週間で5kg太りました。
どんだけ痩せてたんだ。

摂取しすぎると毒になる

カリウム摂れー!カリウム不足は恐ろしいぞー!という話をしてきましたワケですが…

カリウムを過度に摂取するのもよくありません。
(なんにでも言えることだけど、やりすぎは毒なんだな…)

高カリウム状態も、不整脈などの不調を招きます。

入院中は、数値が上がりすぎないか毎日血液検査されてました…。

カリウムを多く含む食べもの

私がよく食べていたのは

  • バナナ
  • きな粉
  • 納豆
  • トマトジュース
  • ほうれん草
  • 芋類

ですね。
どこでも売ってますし、なにより安い(笑

まぁ、カリウム自体が「3食しっかり食べていれば、そうそう不足するものではない」そうなので、めちゃくちゃ目くじら立てて気にする必要もなさそうですが…。

1日1食生活だぜとか、毎食コンビニ弁当だぜみたいな人は意識してみてはどうじゃろか。

1週間の病院食と、夕食後のカリウムサプリ(軽めのやつ)で正常値まで戻ったので、数値を上げること自体はそんなに難しくないはず。

まとめ

ご飯はお腹いっぱい食べようね!

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする