Photoshopで目の下のクマを自然に修正する方法

kuma-retouchba

写真を見てみたら意外とクマが酷くてビックリした!なんて経験ありませんでしょうか。

私も小学生の頃からクマに悩まされ続けてましてねぇ…。このあいだ撮った写真なんか、目の周り真っ黒でアダムスファミリーみたいになってましたからね。

そんな悩ましいクマは、Photoshopでちゃちゃっと消してしまいましょう。ここでは私が普段クマを修正する際の手順を公開いたします。婚活や就活、コスプレ写真にオススメですよ。

【追記】スタンプツールとマスクを使用した、とっても簡単なクマ修正チュートリアルをこさえました。よろしければご覧ください→【フォトショでクマ消し】とにかく簡単に目のクマを修正したい!という方にオススメです

スポンサーリンク
レクタングル(大)

選択範囲の作成〜明るさと色味の補正

kuma-retouch1

自動選択ツールで、クマや陰を選択します。自動選択ツールの許容値は[30]くらいでOK。選択し終わったら、選択範囲の境界を[15px]でぼかします。

kuma-retouch2

command(Ctrl)+Jで、選択範囲から新規レイヤーを作成します。

kuma-retouch3

イメージ>色調補正>トーンカーブを開き、クマの黒さを修正します。図のように変更しました。クマ全体が明るくなります。

kuma-retouch4

レッドのトーンカーブを図のように変更しました。クマに赤みを入れることで青みが消え、健康的な肌の色に近づきます。

マスクで調整〜特定色域の選択で赤みを引く

kuma-retouch5

眉毛の下のくぼみや鼻の横の陰が明るくなりすぎていたので、レイヤーマスクで調整します。

kuma-retouch6

クマレイヤーにレイヤーマスクを追加し、不透明度[10〜30%]の黒のソフトブラシでなぞりました。

kuma-retouch7

下まぶたの赤みを引きましょう。なげなわツールで大雑把に囲み、選択範囲の境界を[10px]でぼかしたらcommand(Ctrl)+Jで新規レイヤーを作成します。

kuma-retouch8

イメージ>色調補正>特定色域の選択で、レッド系のマゼンタの数値を[-20]にします。

最後の仕上げに、スタンプツール(不透明度20〜30%くらい)で軽くなじませたら完成です!

完成です!

kuma-retouch10

完成です!いかがでしょうか。元の雰囲気を損なわずに、クマだけ綺麗に修正できたのではないでしょうか。

「①選択範囲をとる②明るさと赤さを調節③やりすぎた部分を修正」の3手順で大抵のクマは修正できます。

おまけ:クマ修正

kuma-retouch11

クマー!

Photo by sumeja
Photo by Chris Shervey

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする