【決定版】Photoshopで目のクマ消し!とにかく簡単に修正したいという方にオススメです

kuma_retouch_simpleba

前回のクマ修正チュートリアル(→Photoshopで目の下のクマを自然に修正する手順)では、トーンカーブや特定色域の選択を使用する方法をご紹介しました。スタンプツールを使わずに明るさや色味だけで修正していくので、仕上がりはとっても自然なんですが…初心者の方には少し難しかったかと思います。

というわけで、万人向けのクマ修正チュートリアルその2をこさえました!スタンプツールとマスクしか使いません。「とにかく簡単に修正したい!」という方に大変オススメです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

レイヤーを複製する

kuma_retouch_simple1

こちらのお姉さんのクマを修正します。

kuma_retouch_simple2

画像を開いたら、まずレイヤーを1枚複製しましょう。

スタンプツールでクマを修正する

kuma_retouch_simple3

スタンプツールを選択し、ブラシを[ソフトメカニカルブラシ]、モードを[比較(明)]、不透明度を[30〜50%]に設定します。

kuma_retouch_simple4

クマ周辺の明るい肌を、[alt]キーを押しながらクリックし、サンプルスポット決めます。

kuma_retouch_simple5

あとはひたすらクマをクリックして修正します。レイヤーマスクを使って後から修正するので、目や眉にかかってしまっても問題ありません。

マスクではみ出した部分を修正する

kuma_retouch_simple6

レイヤーマスクを追加し、黒色のソフトメカニカルブラシ修正していきましょう。

眼球の中は不透明度100%のブラシを、まぶたや眉毛の周辺は不透明度20%のブラシを使用するのがオススメです。また、目の周りに全く影が無いというのはかなり不自然な状態なので、目尻や涙袋の影をうっすら見せるよう心がけるとよいでしょう。

レイヤーマスクについてのチュートリアルはこちら
必要最低限!レイヤーマスクについてかみ砕いて説明するよ【初心者向け】

完成です!

kuma_retouch_simple7

じゃじゃん。結構キレイに修正できたんじゃないでしょうか?

時間がない時や、とにかく枚数をこなす必要がある時に是非お試しいただければと思います。

おまけのクマ修正

kuma_retouch_simple8

クマの霊圧が…消えた…?

Photo by sumeja
Photo by photoAC

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする