レイヤーマスクを使って写真やイラストのフチを暗くする方法

mask_dark_four_corners-ba

フォトショップのレイヤーマスク機能を使って画像の四隅を暗くしてみましょう。原始的っちゃー原始的なんですが、まず間違いのない方法かと。ではでは参りましょう。

「レイヤーマスクってなんやねん」という方はコチラをご覧くださいませ
必要最低限!レイヤーマスクについてかみ砕いて説明するよ【初心者向け】

使用バージョンがCS2以降の方は、レンズ補正フィルタを使用することもできます
レンズ補正フィルタを使って写真やイラストのフチを暗くする方法

スポンサーリンク
レクタングル(大)

レベル補正レイヤーで画像全体を暗くする

mask_dark_four_corners1

全体の流れを大雑把に説明すると「①レベル補正で画像全体を暗くする②マスクで真ん中の暗さを取り除く」といった感じ。

というわけでまず画像全体を暗くしましょう。レベル補正レイヤーを作成します。

mask_dark_four_corners2

焼けた雰囲気を出すためにコントラストを高くします。一番左の黒いスライダーを右に寄せていきましょう。

mask_dark_four_corners3

全体を暗くしましょう。出力レベルを調節する、白いスライダーを左に寄せます。

mask_dark_four_corners4

コントラストがはっきりした、暗い画像になりました。

マスクで四隅以外の暗さを取り除く

mask_dark_four_corners5

レベル補正レイヤーのマスクを選択します。

mask_dark_four_corners6

楕円形選択ツールで選択範囲を作成します。画像のど真ん中から作成するのもよいですが、人物やオブジェクトなど明るくしたいものを中心に作成するのもよいでしょう。

mask_dark_four_corners7

マスクを黒で塗りつぶすと中心が明るくなります。

mask_dark_four_corners8

フィルタ>ぼかし>ぼかし(ガウス)でマスクをぼかしましょう。硬さはお好みで。

完成です!

mask_dark_four_corners9

簡単に四隅を暗くすることができましたね!元々の画像を加工してから重ねているので、単調ではない自然な暗さになっているかと思います。

mask_dark_four_corners10

レベル補正レイヤーのブレンドモードを『オーバーレイ』に変更すると、また違った雰囲気に仕上げることができます。色々遊んでみるのも楽しいですよ♪

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする