「オール・ユー・ニード・イズ・キル(2014年)」を観たので感想とかメモとか

「オール・ユー・ニード・イズ・キル(2014年)」を観たので適当な感想とか。

しれっとネタバレしてますのでご注意ください。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

よくわからないまま観たけどおもしろかったよ

前情報無しの状態で観たんですが、映像もシナリオも役者さんも良く当たり映画でした。

後で調べて知ったんですが、ラノベが原作だったんですねぇ。そういえば去年漫画化されたりニュースになったりしていたような…横文字が覚えられず、すっかり忘れていたけど…(笑)

「機動スーツ」とか「ギタイ」とか「ケイジ」とか「女性英雄」とか、普通に考えたらめちゃくちゃ日本的なんだけど、てっきりパシリム的な奴かと思って観てた。日本リスペクト的な。

良い改変と安心のループものシナリオ

実写化と聞くと、あんまりいいイメージがないですが(K◯Fとかデビル◯ンとかドラ◯ンボールだとか)この映画は成功してたんじゃないかと。

「ツンデレ美少女→ムキムキ軍人」とか「ドジっ娘整備兵→オタク科学者」とか、上手く改変してくれてていいなぁと思いました。いかにもハリウッド映画観る層向けの設定ですよなぁ。科学者とか特に。

私も、ひょろひょろの女の子が大剣ブンブンしてるよりは、ムキムキのおねーちゃんの無双観るほうが興奮しますしね!いや、ひょろい女の子とかナヨナヨのメンズがバリバリ戦ってるのも嫌いじゃないけども。

シナリオもわかりやすくて良かったです。そもそも私「ループもの」が大好物でして…目的のためにループの中で孤独に戦い続ける男とかすごい好きな性癖でして…。ラストめちゃくちゃキュンキュンしたわぁ…トム・クルーズなんていい笑顔なこったい。

ちと話が逸れますが、実写版の攻殻機動隊とか「絶望しかないわ」って感じだったんですが、こんな感じで実写化してくれるならアリだなぁ。吹き替えは田中敦子さんでお願いします。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする