【モザイク】Photoshopで画像に目線や修正を入れる方法1【ぼかし】

neta_mesen_mosaicba

画像に目線を追加する方法をご紹介いたします。写真に限らず、イラストにもお使いいただけると思いますよ〜。何とは言わないけど、こう、修正的なアレに使えるかと(直球)

真面目な記事ばかり書いていたらふざけたい欲がすごいことになってしまったので、今日はちょっと趣向を変えてみたってワケでございます。ではでは気楽に参りましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

素材

neta_mesen_mosaic1

女性の写真を使用するとかなりアレなことになりそうだったので、ぷりっとキュートな大川さんのお写真をお借りしてきました。こちらのお写真に目線を入れていきます。

モザイクを入れる

neta_mesen_mosaic2

修正と言えばモザイク。モザイクといえば修正。他意はありませんレタマメは健全なブログでございます。

というわけで大川さんの目にモザイクをかけていきましょう。まずレイヤーを1枚複製します。わかりやすいようにレイヤー名を『モザイク』に変えました。

neta_mesen_mosaic3

長方形選択ツールで、目を囲うように選択範囲を作成します。

選択範囲を拡大縮小したい場合や、斜めに傾けたい場合は、選択範囲>選択範囲を変形を選びましょう。自由変形と同じ要領で、選択範囲の形を変更することができます。

neta_mesen_mosaic4

いよいよモザイクかけ作業です。フィルタ>ピクセレート>モザイクを選択し、お好みの数値でフィルタを適用します。数値が小さいほどモザイクが薄く、数値が大きいほどモザイクが濃くなります。

今回はとりあえず[40平方px]で適用することにしました。

neta_mesen_mosaic5

完成です!

大川さん何やらかしちゃったの的な感じになってしまいましたが、気にしない。キレイにモザイクが入っているのではないでしょうか。

ぼかしをかける

neta_mesen_mosaic6

ぼかしもイイですねぇ。白黒媒体よりもカラー媒体に向いている感じがしますね。

まずレイヤーを1枚複製します。わかりやすいようにレイヤー名を『ぼかし』に変えました。

neta_mesen_mosaic3

長方形選択ツールを使って、目を囲うように選択範囲を作成します。選択範囲の拡大縮小や傾きの変更は、選択範囲>選択範囲を変形から行えます。

neta_mesen_mosaic8

選択範囲の境界をぼかします。境界をぼかすかぼかさないかで、完成形が少し変わってくるので…。上の画像を参考にして頂ければと思います。

ぼかしたい場合は、選択範囲を右クリック>境界をぼかすを選びます。数値は適当でOKですが、大体[30px]以上が無難ではないかと。

neta_mesen_mosaic9

選択範囲内をぼかしましょう。フィルタ>ぼかし>ぼかし(ガウス)を選択。お好みの数値でぼかします。数値が小さいほどぼかしが薄く、大きいほどぼかしが濃くなります。

今回は[30px]で適用しました。

neta_mesen_mosaic10

完成です!

今回は目をぼかしましたが、逆に目をハッキリ残して、鼻と口をぼかすのもアレな感じがして非常に良いかと思います。

まとめ

皆さまも楽しい修正ライフをお過ごしくださいませ〜。

あー。楽しかった。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] http://retamame.com/neta_mesen_mosaic モザイクとぼかしの入れ方を説明しています。 境界線の処理の仕方もあります。 […]