Photoshopでとっても自然なチークを入れる方法【色見本もあるよ】

photoshop-cheek-ba

Photoshopを使ってチークを入れる方法をご紹介します。

チークを入れるだけで一気に華やかになるので覚えておいて損はないですよ。 女性の写真だけでなく、赤ちゃんの写真に使うのもオススメ。可愛さ増し増しです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

チークを入れる手順

photoshop-cheek1

チーク用の新規レイヤーを作成します。

photoshop-cheek2

チークの色を選択し、柔らかいブラシ(不透明度100%)で大雑把に塗ります。今回使ったチークの色は[#d12121]です。完成形ではほんのりオレンジ系になる予定。

photoshop-cheek3

チーク用レイヤーの描画モードを[ソフトライト]に変えます。場合によっては[色相]を使っても綺麗に色が入りますので、覚えておいていただければと思います。

photoshop-cheek4

ふわっと柔らかい感じに仕上げたいのでチーク用レイヤーをぼかします。ガウスぼかしを[70px]で適用しました。

photoshop-cheek5

色が濃すぎたので、レイヤーの不透明度を[55%]に下げました。レイヤーマスクを追加し、黒色の柔らかいブラシ(不透明度30〜50%くらい)で頬以外にはみ出たチークを修正します。

photoshop-cheek6

完成です。

色の見本

「この色を使うとこんな感じになるよ〜」というおおよその見本を作ってみました。色選びの際の目安になれば幸いです。

【注意】写真の色味や明るさに合わせて調整が必要です。必ずしも見本の色になるとは限りません

レッド系 #760d32 不透明度65% 描画モード:ソフトライト

photoshop-cheek7

ピンク系 #8d3d8d 不透明度55% 描画モード:ソフトライト

photoshop-cheek8

ベージュ系 #76300d 不透明度50% 描画モード:ソフトライト

photoshop-cheek9

オレンジ系 #d12121 不透明度55% 描画モード:ソフトライト

photoshop-cheek10

Photo by ぱくたそ

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする