ブラインドから差し込む光を作成する方法【フォトショ】

photoshop_blind_light_ba

ブラインドから差し込む淡い光。ドラマに出てくる探偵や刑事にはつきものですね。

そんなブラインド光をフォトショップで作る方法をご紹介します。「囚われの◯◯」的なシチュエーションにも使えるかと思いますよ♪ではでは参りましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

光の部分を作成する

photoshop_blind_light00

こちらのお姉さんの写真を加工していきます。

photoshop_blind_light01

まず長方形選択ツールで光の部分を作っていきましょう。[ shift ]キーを押しながら4本ほどラインを引きます。このラインが細いと貧相に見えてしまうのでご注意ください。また、下に行くほど線の幅が細くなるようにすると見栄えがよくなります。

photoshop_blind_light02

選択範囲>選択範囲の変形をクリックし、選択範囲を傾かせます。選択範囲が写真の中途半端な部分で終わっているかと思うので、端から端まできちんと選択されるように左右から引っ張ってのばします。

photoshop_blind_light03

[塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成]からレベル補正レイヤーを新規作成。

photoshop_blind_light04

真ん中の灰色スライダーを左へ動かします。特に正解があるわけではないので、好きに動かしてしまいましょう。この写真は元々がそこまで暗くなかったので[1.35]程度で止めておきました。

photoshop_blind_light05

光がはっきりしすぎているので、マスクをぼかしましょう。フィルタ>ぼかし>ぼかし(ガウス)を選択、[30〜40px]くらいの数値で適用します。

光以外の部分を暗くする

photoshop_blind_light06

光の部分が完成したので、お次はその他の部分を暗くしてメリハリをつけましょう。先程作った選択範囲をもう一度選択しなおします。[command(Ctrl)]キーを押しながらマスクをクリック。

選択範囲>選択範囲を反転を選んでおきます。

photoshop_blind_light08

再びレベル補正レイヤーを作成。灰色スライダーを右へ動かして暗くします。あまり暗すぎても違和感が出てしまうので[0.75]くらいにしておきました。

photoshop_blind_light09

ブレンドモードを[輝度]に変更して完成です。

写真によっては、レベル補正で暗くした際に色味が変わってしまうことがあります。ブレンドモードを[輝度]にすることにより、色味を変えずに明るさだけを変更することができます。

完成です!

photoshop_blind_light10

思ったより光がきつかったのでレベル補正レイヤーの不透明度をちょっと下げました。光の強さは写真やお好みに合わせて適宜修正していただくということで…スミマセン(;´Д`)

監獄や牢獄スタジオでのコスプレなど、写真のシチュエーションが固まっているときはもちろん、写真に何か一手間加えたいなぁなんてときにいかがでしょうか。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする