【日焼け】Photoshopでコンガリ小麦肌を作る方法【褐色】

photoshop_sunburn_effect_ba

Photoshopで簡単に小麦色の肌を作ってみましょう〜。

「健康的にこんがり焼いてみたいけど、シミが恐いのよねぇ…」なんて方や「褐色キャラのコスしたいけど、肌まではちょっと…仕事もあるし…」なんて方に超オススメですよ。

ではではサクッと参りましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

今回使用するお写真

photoshop_sunburn_effect_1

こちらの美白ギャルさんを、黒ギャルさんに加工していきたいと思います。

レイヤーを複製する

photoshop_sunburn_effect2

まずレイヤーを1枚複製します。わかりやすいようにレイヤー名を「コピー1」に変更しました。

露光量を調整する

photoshop_sunburn_effect3

コピー1レイヤーを選んだ状態で、イメージ>色調補正>露光量を選択。[ガンマ:0.55〜0.45]くらいで適用します。

レイヤーマスクを追加する

photoshop_sunburn_effect4

[ alt ]キーを押しながら[レイヤーマスクを追加]をクリックして、レイヤーマスクを追加します。白色のブラシやクイック選択ツールを使って、肌の部分だけ暗くなるようにしましょう。

目や口の周り、生え際などは不透明度[20〜30%]程度のブラシを使うと馴染ませやすいですよ。

コピー1レイヤーを複製する

photoshop_sunburn_effect5

コピー1レイヤーを複製します。わかりやすいようにレイヤー名を「コピー2」に変更しました。

コピー2レイヤーのレイヤーマスクを削除し、右クリック>クリッピングマスクを作成をクリックしておきます。

レンズフィルタで茶色を入れる

photoshop_sunburn_effect6

コピー2レイヤーを思いっきり茶色くします。

イメージ>色調補正>レンズフィルターをクリック。[カスタム]にチェックを入れ、色は[#dc8826]、適用量を[100%]、[輝度の保持]のチェックは外しておきます。

一瞬ものすんごい顔になりますが、大丈夫だ問題ない(笑)

photoshop_sunburn_effect7

コピー2レイヤーのモードを[比較(暗)] 、不透明度を[10〜20%]に変更しました。不透明度は元の肌の色や好みに合わせて適当にやっていただいてOKです。

完成です

photoshop_sunburn_effect_8

いかがでしょうか。結構自然に加工できたのではないでしょうか。

途中のマスクさえ乗り切ればあとは簡単なので、是非是非お試しいただければと思います。青峰君とかシャルルカンとかナターリアとかのコスプレに使えると思うで工藤!

white-make-dohran-ba

逆パターンの美白編もあります。よかったらご覧くださいませ〜→Photoshopで簡単に顔を白塗りする方法。ドーラン無しでもマンソンごっこできるで!

今回はこちらの記事を参考にさせていただきました
Add a brown tan to a pale skin in Photoshop

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする