トーンについてのまとめパート②〜Photoshopでトーン化!基本のキ編〜

Photoshopで白黒漫画描こうぜー!

ということで、フォトショを使ったトーン貼り(グレスケのトーン化)についてのお話です。

簡単にではありますが、グラデーションやぼかし、けずりについても説明しています。

濃度の早見表(10%〜50%まで)も一番最後にくっつけておいたので良かったらどぞ〜。

トーンの基礎、注意点についてはパート①を
トーンについてのまとめパート①〜網点トーンとモアレ編〜

トーンの重ね(褐色肌や髪の毛など)についてはパート③をご参照ください
トーンについてのまとめパート③〜Photoshopでトーン化!重ね編〜

スポンサーリンク
レクタングル(大)

トーン化の流れと注意点

トーン化の手順を2行で説明すると

フォトショでのトーン化方法をざっくり説明すると

  1. グレーで塗る
  2. モノクロ2階調化(ハーフトーンスクリーン)でトーン化

といった感じ。

めちゃくちゃ簡単です。

カラーハーフトーンフィルタは原則使わない

上記の画像は、同じ濃度のグレーを、モノクロ2階調化(ハーフトーンスクリーン)カラーハーフトーンフィルタ(フィルタ>ピクセレート>カラーハーフトーン)の2通りの方法でトーン化したものです。

アップで見てみると、カラーハーフトーンフィルタで作成したトーンの円が、ぼやけて描画されているのがわかるかと思います。これがいわゆるアンチエイリアスが効いている状態であり、印刷するとモアレが発生します。

使っちゃダメ絶対!というわけではありませんが…私は使っておりませぬ。

では実際にトーンで影をつけてみよう

下準備

解像度600dpi、カラーモード:グレースケールのファイルを作成します。

(印刷しないのであれば、解像度はもっと小さくてもOKです)

白い背景レイヤーの上に新規レイヤーを作成し、線画を描きました。

手順①塗り用のレイヤーを作成する

線画レイヤーの真下に、K30%で塗りつぶした、塗り用レイヤーを作成します。

好みにもよりますが、マスクを使って塗るのが、後々の修正も楽でいいかと思います。

マスクの理屈がわからない!という方はこちらの記事をどうぞ。
必要最低限!レイヤーマスクについてかみ砕いて説明するよ【超初心者向け】

手順②ひたすら塗る

ペンツールや自動選択ツールで選択範囲を作成し、トーンを貼りたい箇所をグレーで塗りつぶしていきます。

手順③塗りレイヤーを、新規レイヤーに書き出す

いよいよトーン化作業に入ります。

塗り用レイヤーを選択した状態で、レイヤー>レイヤーを複製を選択します。

ポップアップが表示されるので、ここで必ず保存先を[新規]に設定してください。

名前は適当で大丈夫です。

手順④書き出し先のカラーモードを、モノクロ2階調に変更する

新規ドキュメントが作成されたと思うので、これを2階調化していきます。

イメージ>モード>モノクロ2階調を選択。

レイヤーを統合するか確認されるので、OKします。

出力の設定は特に触らず、種類は[ハーフトーンスクリーン]を選択。

線数(オススメは10〜60)と、角度(45度くらいが無難)を設定し、網点形状も特にこだわりがないのであれば[円]に設定します。

設定が終わったらOKを押して確定します。

手順⑤トーン化したレイヤーを、元のドキュメントへコピペする

グレーで塗りつぶされていた部分が、網点トーンに変換されました。

これを全選択してからコピーし、最初に作業していたドキュメントにペーストします。

選択範囲>すべてを選択 もしくは Ctrl(command)+A でキャンパス全体を選択。

編集>コピー もしくは Ctrl(command)+C で選択範囲をコピー。

編集>ペースト もしくは Ctrl(command)+V で選択範囲をペーストできます。

手順⑥レイヤーモードを変更する

トーンレイヤーを線画レイヤーの上に配置したら、レイヤーモードを[乗算]に変更します。

最初に作成した塗り用レイヤーは忘れず非表示にしておきましょう。

表示したまま印刷するとモアレが発生します。

完成!

同様に、K10%で塗りつぶしたレイヤーを作成し、肌や服にもトーンを貼ってみました。

一連の流れをアクション化しておくことで、楽にトーン化を行うことができます。

ハイライト(ホワイト)を入れたい場合は鉛筆ツールで!

トーン化した後でホワイトを入れる場合は、アンチエイリアスのかからない鉛筆ツール(不透明度100%)を使用します。

ペンツールを使用する際も、必ずアンチエイリアスのチェックを切るよう注意しましょう。
ペンツールで選択範囲(アンチエイリアス無し)を作成する方法

番外:グラデーションをトーン化してみよう

手順②の段階で、マスクを使って髪の毛に軽くグラデーションを引いてみました。

トーン化したのがこちら。アラいいカンジ(∩´∀`)

円形グラデをトーン化すれば、簡単にほわほわを描くこともできます。

番外:ぼかして(削って)からトーン化してみよう

今度は、頬や首の影をぼかしてからトーン化してみました。

グレーをベタッと塗ってから、ぼかしツールで適当にぼかしています。

トーン化したのがこちら。

パッと見キレイなんですが、あんまりやりすぎるとデジタルっぽさ(上手く説明できないのですが、なんかヌルっとした感じ…)がかなり強くなってしまうので、加減が難しいかも…。

精進します…。

ブラシのDLやカスタマイズ無しに、パパッと削りたい場合には、フォトショにデフォルトで入っている[素材ブラシ]がオススメです。

上記画像では、海綿とステンシルスポンジを使っています。

おみや:濃度早見表

良かったらお使いください。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする