ブラックバイト(遺影製作)の思い出8選

-shared-img-thumb-OOK3S0420140125180412_TP_V

むかし遺影制作のバイトしてたんですが、これがもう二度とやりたくないレベルでクソみたいなバイトでして。恨みつらみしか残っていないような感じなので、もうここでじゃんじゃん暴露ってしまおうかと思った次第でございます。

ほな、特定されないレベルで参ります。

※当時を思い出し、非常に口が悪くなっております。ご注意ください

スポンサーリンク
レクタングル(大)

時給が安い

よその遺影制作のバイトが軒並み時給1000円を超える中、うちは時給900円でした。これでも改善されたレベルらしく、最初は800円だったとかなんとか。結構な技術を求める仕事で800円て。しかも交通費の上限が低く、自腹切って通ってました。

何のためにここで働いていたのかわからないレベル。

求人広告でしれっと嘘をつく

「Photoshopを使った画像加工業務!」という求人広告出してますが、真っ赤な嘘。

まずは顧客との電話応対をさせられます。黙々とPhotoshop触っていたかった人はここでギブアップ。初日だけ出勤して次の日から来なくなったり、とにかくバックレ率高し。

しかも更に酷いのが、下手すりゃ半年~1年、ずっと電話応対させられる可能性があるということ。画像加工志望で入って1年電話応対って…

人事考課が適当

一応、人事考課がありますが、普段バイトと一緒に業務にあたっていない社員が担当するため、完全に適当。

つまり、普段クソみたいな仕事してなくても人事考課で「オレ頑張ってます」アピールすると評価され、逆に普段頑張ってても、謙虚すぎると正当に評価されない。

私は1年間、馬車馬のように働きましたが、時給15円しかUPしませんでした。シット。

営業担当がクソ

内勤社員(&バイト)の他に、営業社員がいるわけですが、こいつらが総じてクソ。

商品の概要もまともに理解しておらず、適当に安請け合いしては内勤の負荷を際限なく増やしていくクソオブクソ。しかも内勤を見下しており、聞こえるように悪口を言うことも。

とにかくクソ。

客もクソ

他の大手遺影制作会社に蹴られたような、一癖も二癖もある客がとてつもなく多かったです。

ヤのつく自由業の人かと思うような、横柄で口の悪いクソジジイや、女性アルバイトには強く当たり、男性アルバイトには優しく接する色ボケババアなど、人としてどうかしてるレベルの客多すぎ。

泣かされてるバイトの子もいました。可哀想に…。

バイトリーダーが無駄に偉そう

なーーーーーんの権限もない、バイトリーダー(バイト歴5年/35歳前後)の女がめちゃくちゃ偉そう。バイトの分際で社員にまで偉そう。

人手不足だっつってんのに、バイトの子をいびるような怒り方して何人も辞めさせたり、バイト同士で意味のない面談してサービス残業したり、頭痛くなるレベル。

まぁあの歳であの性格だと結婚も絶望的だろうし、バイトは職歴に入らんし、お察し。

内勤の社員が死にかけてる

バイトを指揮する立場の社員は良い人ばっかりだった…。自腹を切ってお菓子を配ってくれたり、誰よりも早くきて誰よりも遅く帰ったり…。辛いことがあったときはかばってくれたり。

何人かすでに辞められたみたいだけど、残った人が身体壊さないといいなぁと思うばかり。

バイト仲間はいい人ばっかり

辛い仕事を共有する仲間だからか、バイト仲間は総じて良い人ばかりでした(リーダー除く)

飲み会も定期的にあったし、仕事中も仕事をパスしあったり、手伝ったり、忙しかったけど和やかに働いてたなぁ…。

ただ、離職率は半端なかった。1年勤めれば長い方というレベル(笑)

まとめ

今考えれば、よくあの環境で働けてたなぁって感じです。
もうあの会社で働くのは絶対無理だな。

しんどいことも多かったけど、学ぶこともまぁまぁ多かったです。ケッ。

愚痴吐き終了。おしまい。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする