Photoshopで簡単に線画を抽出するチュートリアル

0sengasengaba

スキャンした画像から、線画を抽出する方法です。

正直なところ、毎回この手順を踏むのはちょっとめんどくさいので、アクション保存しておくと幸せになれると思います。

今更うちで取り上げるまでもない内容かもしれないのですが、個人的なメモ書きとして残しておこうかと思いまして…。ではでは参りましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

手順1:グレスケor白黒モードでスキャンする

0sengasenga1

スキャンした直後の画像がこちら。

今回はグレースケールモードでスキャンしましたが、白黒モードでも構いません。

スキャナーが無いなら、スマホやデジカメで撮影してから持ってきても大丈夫。

手順2:カラーモードをRGBに変更する

まずはカラーモードを変更しましょう。

イメージ>モード>RGBカラーに変更します。

手順3:レベル補正をかけ、白と黒のメリハリをつける

0sengasenga3

イメージ>色調補正>レベル補正をかけます。

白い部分は真っ白に、線は濃くなるよう調整しましょう。

あまり白く飛ばし過ぎると、線がぶつ切りになったり痩せたりするので注意です。

手順4:キャンバス全体をコピーしておく

0sengasenga4

選択範囲>すべてを選択でキャンバス全体を選択。

次に編集>コピーでキャンバス全体をコピーします。

手順5:チャンネルパネルに新規チャンネルを作成する

0sengasenga5

チャンネルパネルを開き、右上の▼ボタンをクリックし、メニューを表示。

新規チャンネルを作成します。

手順6:新規チャンネルの設定を行う

0sengasenga6

チャンネル設定はこんな感じ。

[マスク範囲に色を付ける]にチェックを入れておきましょう。

チャンネル名はお好みでOKです。

手順7:新規チャンネルに先程コピーした画像をペースト

0sengasenga7

作成した新規チャンネルに画像をペーストします。

新規チャンネルを選択した状態で、編集>ペーストを選択しましょう。

手順8:「選択範囲の読み込み」で線画のみを選択する

0sengasenga8

ここからは少しだけややこしいので、あまり考えすぎずに参りましょう。

選択範囲>選択範囲を読み込むを選択。

手順9:選択範囲の読み込みの設定を行う

0sengasenga9

チャンネルは「先程作成した新規チャンネル」を選択。

[反転][新しい選択範囲]にチェックを入れておきます。

手順10:線画のみが選択されているかを確認する

0sengasenga10

線画のみが選択された状態になったかと思います。

正確には「白以外の部分が選択された状態」なので、手順3でのレベル補正が甘かった場合、ここでつまずきます。注意です。

手順11:線画用新規レイヤーを作成する

0sengasenga11

線画を抽出していきましょう。

レイヤータブを選択し、新規レイヤーを作成します。

レイヤー名は適当に「線画」とでもしておきましょうか。

手順12:選択範囲を塗りつぶして線を描画する

0sengasenga12

線画レイヤーを選択した状態で、編集>塗りつぶしもしくは塗りつぶしツール(G)で塗りつぶします。あまり薄すぎるものでなければ、何色でも問題ありません。

ほい完成!

完成!背景用レイヤーを作成し、諸々の確認と微調整

0sengasenga14

ちゃんと線画のみが抽出されたか、サクッと確認してみましょう。

線画レイヤーのすぐ下に、「背景色レイヤー」を1枚作成します。

上記の画像も、ちゃんと線画の下にピンク色が見えているので、きちんと線画が抽出されているようです。

もしも「抽出した線画が薄いな」と感じた場合は、線画レイヤーを何枚か複製して結合すれば、丁度いいくらいの濃さになりますよん。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする