ソンバーユ(尊馬油)の感想&使い方まとめ

sonbahyu_horse_oil_matome1

ねるそん氏からソンバーユを貰ったので、よさげな使い方を調べてみました。

私、昔から酷い乾燥肌だもんで…(中学までアトピーが酷かったし、今でも冬場はクリーム塗っても数時間後にはカサカサになるレベル)どうにかしたいなぁと思っていたとこだったんですよね。ナイスタイミングである。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

使い心地などなど

sonbahyu_horse_oil_matome2

「馬の油」というだけあって、ラードっぽい見た目。

とろとろの柔らかい質感なので、肌に置いた瞬間スーッと溶けてなじんでくれます。酷いベタつきや匂いもないし、化粧品が苦手な人や男性にも使いやすそうですな。

※バニラやローズの香りなど、香料入りのタイプもあるそうです

とりあえず、貰った当初は「洗顔後に、化粧水と少量のソンバーユを手の平で混ぜたものを塗る→乳液とクリームで保湿」という使い方をしておったのですが、これだけでも次の日の肌の状態が全然違います。今までなにやってもゴワゴワだったのに〜!なんだこれ〜!

期待できそうじゃあーりませんか。

主な効能、使い方

  • シンプルスキンケアに(肌にハリが出るので毛穴やシワ対策になる)
  • やけどや傷跡に(肌の代謝が促される)
  • かかとや肘などのガサガサ肌荒れ(保湿と代謝効果が高いため)
  • ムダ毛処理のあとのお肌のケアに(同上)
  • 髪の毛やまつ毛のケアに(毛が抜けにくくなるそうです)
  • マッサージの際にすりこむ(血行促進効果でくすみやクマ対策に)
  • 鼻や口の中に塗って、花粉症や口内炎対策にも(口に入れても無害なんだそうです)

うーん。なんだかものすごいぞ。万能薬かな。

具体的な使い方を調べてみた

洗顔前の保湿に(IKKOさん流)

  1. 洗顔前にソンバーユ適量を顔全体になじませ、5分程放置する
  2. コットンなどで軽く拭き取る
  3. 泡とぬるま湯でよく洗顔する

洗顔前にたっぷり保湿することで、洗顔後のツッパリ感がなくなるそうです。

洗顔後の保湿に

  1. 泡とぬるま湯でよく洗顔する
  2. あずきの粒程度の大きさのソンバーユを手の平に伸ばす
  3. 濡れたままの顔に塗布する
  4. お好みで乳液やクリームなどを塗布する
  5. 続けて化粧する場合は、肌になじむまで(5〜6分)待つ

ソース:ソンバーユ無香料/@コスメ

1番オーソドックスな使い方ではないかと。
手順も簡単だし、難なく続けられそうですね。

クチコミを見る限り、濡れた顔に塗布するというのがミソらしい…。

クレンジングに

  1. ソンバーユを多めにとり、化粧を浮かすように顔全体に塗布
  2. 化粧が浮き上がってきたら、丁寧に拭き取る
  3. 泡とぬるま湯でやさしく洗顔する

ソース:馬油と梅雲丹の薬師堂

ソンバーユには汚れを浮かせる作用があるそうです。
毛穴にもイイみたい。

角栓取りに

  1. あらかじめ温めてふやかしておいたお肌に、ソンバーユを適量おく
  2. 薬指でクルクルとマッサージするようになじませ、毛穴の汚れをとる
  3. ぬるま湯で洗い流す

ソース:ソンバーユ無香料/@コスメ

お風呂上りやお風呂の中でやるのがオススメ。
かなり気持ちイイです。

お風呂でパック(乾燥肌さん向け)

  1. 化粧を落とし、泡とぬるま湯で洗顔をすませておく
  2. 顔全体をパックするようにソンバーユをたっぷり塗る
  3. 湯船に浸かって10分程放置する
  4. 油分が気になるようであれば軽く洗顔する

ソース:馬油と梅雲丹の薬師堂

私はこちらの方法を2週間程続けていますが、Tゾーンの乾燥がすごい勢いで改善されてきました。酷い粉吹き肌だったのに、今はとてもしっとりしていて、指で触っても何もつきません!嬉しい!(笑)

小鼻や頬の毛穴も心持ち目立たなくなってきた気がするので、一瓶なくなるまで続けてみようかと思います。赤いニキビ跡にも効いてくれたらいいなぁ。

ただ、油分過多にならないようにだけ注意が必要ですね。油分が多すぎると逆に吹き出物の原因になるそうで…。少量から初めて、徐々に自分に合った量を探していくのがいいかと。

ちなみに私は2〜3日に1回ペースでパックしてます。

まとめ

LUSHの洗顔料も買ったことだし、根気よく乾燥対策続けてみようと思います。

そういえば…ソンバーユ使い始めてから、産毛の伸びるスピードが上がったような気がするんですよね。育毛効果…?(笑)

すぐモサモサになりそうだ。気をつけよっと(;´Д`)

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする