フォトショで色つきサングラスの写り込みを消す方法〜目が写っていないとき編〜

sunglasses_reflection_retouch_ba

グラデーションツールを使って色つきサングラスの写り込みを消してみましょう。

目が写っていない写真なら短時間で簡単にキレイになりますよ。目が写っている場合はどうすればいいのかって?それはスタンプツールで地道に頑張るしかないなぁ…ハハハ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

ペンツールで選択範囲を作る

sunglasses_reflection_retouch1

こちらの女性のグラサンをキレイにしたいと思います。目の写っていないお写真のなんとありがたいことか(笑)

sunglasses_reflection_retouch2

まずペンツールで写り込みを囲って選択範囲を作成します。選択範囲の境界は[1〜2px]くらいの小さい数値でぼかしておきます。

グラデーションツールで写り込みを塗りつぶす

sunglasses_reflection_retouch3

新規レイヤーを作成したら、いよいよグラデーションツールの出番です。[線形グラデーション]を選択し、[逆方向]のチェックを外しておきます。

sunglasses_reflection_retouch4

グラデーションの色を決めます。グラデーションエディターを開いたら、グラサンの1番暗い部分と写り込みの下部分の色をスポイトで拾います。ちょっと文章で説明するの難しいので上の画像を参考にしていただければ…!スミマセヌ。

sunglasses_reflection_retouch5

先程新規作成したレイヤーにグラデーションを流しこんでいきましょう。上から下へドラッグ&ドロップ。上手く行くまでやり直します。

マスクで調整する

sunglasses_reflection_retouch6

[ alt ]キーを押しながら[レイヤーマスクを追加]をクリック。黒く塗りつぶされたレイヤーマスクが追加されます。

sunglasses_reflection_retouch7

白のソフトメカニカルブラシ(不透明度50%くらい)で写り込み部分をなぞります。マスクを使うことによって程よいムラやぼやけができるので、より自然に見せることができます。

お好みで光の反射を追加する

sunglasses_reflection_retouch8

レンズがのっぺりしているのが気になるので、少しだけ光らせましょう。光を追加したい部分をなげなわツールで大雑把に囲み選択範囲を作成します。境界は[2px]でぼかしておきます。

sunglasses_reflection_retouch9

新規レイヤーを作成し、暗めの灰色(#333333など)で塗りつぶします。レイヤーモードを[スクリーン]に変更します。

sunglasses_reflection_retouch10

マスクを追加し、不要な部分を黒のブラシで削っていきます。柔らかいブラシと硬いブラシを使い分けると、レンズのツルツル感が出ます。マスクでの作業が終わったら不透明度を[40〜50%]に落としましょう。

完成です!

sunglasses_reflection_retouch11

写り込みをキレイに消すことができました〜。

撮影者が思いっきり写りこんでしまったときや、見えてはイケナイものが写ってしまったときにいかがでしょうか。

Photo by Oleg Sidorenko

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする