Photoshopで笑顔を作るチュートリアル

フォトショップの”ゆがみ”機能を使って、笑顔を作るチュートリアルです。

履歴書に使えそうなくらいの、自然な感じを目指してみました。

笑顔を悲しげな顔に変更するパターンもあります。よかったらどうぞ〜。
Photoshopで表情変更!笑顔を悲しそうな顔に変えるチュートリアル

スポンサーリンク
レクタングル(大)

今回使用するお写真

真顔な大川さんのお写真を使わせていただきます。

手順①レイヤーを複製する

画像を開き、背景レイヤーを複製します(以降「笑顔レイヤー」)

手順②『ゆがみ』で表情を変更する

動かしたくない部分をマスクで保護する

笑顔レイヤーを選択した状態で、フィルター>ゆがみをクリック。

まず、鼻やフェイスラインなど、動かしたくない部分をマスクで保護します。

前方ワープツールで表情を変える

[ 前方ワープツール ]を使用し、表情を変更します。

右下のチェックボックスで、マスクを非表示にしておくと作業しやすいです。

ブラシは気持ち大きめに設定しておくのがオススメ。

完成です!

完成しました〜。

表情が少し柔らかくなったのではないでしょうか。

オマケ:メガネをかけている方の場合

マスクでメガネのフレームを保護

メガネが歪まないよう、マスクでしっかり保護しておくのがポイントです。

ゆがみ機能でニッコリと

ちょっと強めにレタッチしてみたのがこちら。

まぶたと口角を上げ、眉尻を少しだけ下げています。

目を触ると人相がかなり変わってくるので、その点だけ注意していただければと…。

お粗末さまでした。

ドアホンのモニターに映る元カレ/PAKUTASO
「げきオコスティックファイナリアリティぷんぷんドリーム」な男性/PAKUTASO

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする