Photoshopで人物写真を油絵風に加工するチュートリアル

oil-painting-effects-ba

普通の写真を油絵風に加工するチュートリアルです。

紙のざらつきや絵の具のぺたぺた感を表現するのがミソ。

フィルタをひたすら重ねていくだけでよいので、とても簡単ですよ♪

ではではサクッと参りましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

下準備

oil-painting-effects0

今回はこちらの幅[ 1500px ]、高さ[ 994px ]、解像度[ 72dpi ]の画像を使用します。

oil-painting-effects1

加工用にレイヤーを複製しました(以降「油絵風レイヤー」)

oil-painting-effects2

【ポイント】画像の彩度が高すぎる場合は、あらかじめ『色相・彩度』を使って彩度を下げておきましょう。彩度が低めのほうが仕上がりが自然です。

“ガラス”フィルタをかける

oil-painting-effects3

フィルタ>フィルタギャラリー>変形>ガラスを選択します。

ゆがみ、滑らかさの数値を[3]、テクスチャは[カンバス]、拡大縮小の数値を[70%]に設定。

まだOKは押さないでくださいね。

塗料フィルタを重ねる

oil-painting-effects4

更に塗料フィルタを重ねましょう。

右下の[新しいエフェクトレイヤー]ボタンをクリックし、エフェクトレイヤーを新規作成。

oil-painting-effects5

アーティスティック>塗料を選択。

ブラシサイズを[4]、シャープを[1]、ブラシの種類を[シンプル]に設定。

ブラシストローク(斜め)を重ねる

oil-painting-effects6

右下の[新しいエフェクトレイヤー]をクリックし、ブラシストローク>ストローク(斜め)を選択。方向のバランス[45]ストロークの長さ[4]シャープ[1]と入力しておきます。

テクスチャライザーを重ねる

oil-painting-effects7

再び右下の[新しいエフェクトレイヤー]をクリックしたら、テクスチャ>テクスチャライザーを選択。

拡大・縮小を[60%]、レリーフを[4]、照射方向を[左上へ]に設定。

OKをクリックして適用します。

レイヤーモード:オーバーレイで質感を浮き立たせる

oil-painting-effects8

油絵風レイヤーを複製します。

イメージ>色調補正>彩度を下げるを選択。

レイヤーのブレンドモードを[オーバーレイ]に変更し、不透明度を[50%]に下げます。

oil-painting-effects9

最後に、絵の具が盛り上がっているような質感を加えます。

フィルタ>表現手法>エンボスを選択。

角度[135°]、高さ[1px]、量[400%]で適用します。

完成です!

oil-painting-effects10

ザラザラした油絵風写真の完成です。さすがフォトショップ…いい仕事するぜ…。

人物写真でなく、食べ物や風景の写真に使用するのもオススメでございます。

こちらのサイトを参考にさせていただきました。
Oil Painting in Photoshop(リンク切れ)

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする