【Photoshop】色かぶり写真の修正チュートリアル(オレンジ・黄色編)

orange-kaburi-eye-catch

室内で撮った写真って、オレンジがかってしまうことが結構ありますよね。

Photoshopを使って、そんな色の被りをできるだけ自然に修正していきたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

手順①カラーバランスレイヤーで色のバランスを整える

orange-kaburi-1

まずは強い色と弱い色の差をなくしましょう。

色被りというのは、特定の色が強すぎたり弱すぎたりする状態です。

その強弱を緩和してあげると、自然な色になります。

ちょっと文章だけじゃわかりにくいんで実際にやってみましょう。

orange-kaburi-2

カラーバランスレイヤーを新規作成します。

orange-kaburi-3

この画像はイエローとレッドが強いので、補色であるブルーとシアンの方へバーを寄せます。

orange-kaburi-4

まず階調:中間調を調整します。
上から[-30]、[-10]、[+40]と入力しました。

orange-kaburi-5

お次に階調:ハイライトを調整します。
上から[-15]、[0]、[+5]と入力しました。

orange-kaburi-6

全体の色が落ち着きました。

おでこの黄色を補正する

orange-kaburi-8

生え際がまだ少し黄色いので補正しましょう。

表示レイヤーを結合したレイヤーを新規作成します。

ショートカットはこちら↓
【Mac】command + shift + option + E  【Win】ctrl + shift + alt + E

orange-kaburi-9

自動選択ツール(許容値30くらい)で黄色が強い箇所を選択します。

orange-kaburi-10

選択範囲の境界を[20px]でぼかし、command(Ctrl)+Jで選択範囲から新規レイヤーを作成。

orange-kaburi-11

イメージ→色調補正→特定色域の選択を選びます。
カラー:レッド系とカラー:イエロー系それぞれのイエローを[-30]しました。

orange-kaburi-12

イメージ→色調補正→色相・彩度を開き、彩度に[-10]を入力します。

完成です!

orange-kaburi-13

生え際の色も自然になりました。ヤッタネ。

慣れるまではカラーバランスを使って補正するのがオススメですが、色調補正のコツが掴めてきたらトーンカーブやレンズフィルタも使ってみるといい感じです。

カラーバランスだけでは補正できないツワモノ写真もあるので…(笑)

Photo by ol_ga

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする