Photoshopで画像をクレヨン風に加工するチュートリアル

Photoshopを使って、画像を「クレヨンで描いた風」に加工するチュートリアルです。

風景写真がおすすめではありますが、人物写真でも問題はありません。

では参りましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

今回使用するお写真

こちらのチューリップのお写真を使用します。

手順①元画像を複製し、フィルタをかける

1:元画像を複製する

元画像を複製します(以降「ぼかしレイヤー」)

2:ぼかし(ガウス)をかける

ぼかしレイヤーに”ぼかし(ガウス)”をかけます。

3:更に複製し”エッジの光彩”をかける

ぼかしレイヤーを複製します(以降「光彩レイヤー」)

光彩レイヤーに”エッジの光彩”をかけます。

フィルターギャラリー>表現手法>エッジの光彩

数値はデフォルトでOKです[ エッジの幅:1 ][ エッジの明るさ:15 ][ なめらかさ:5 ]

手順②階調を反転し、レイヤーモードを[ 乗算 ]に

イメージ>色調補正>階調の反転で光彩レイヤーの階調を反転させ、

レイヤーモードを[ 乗算 ]に変更。

不透明度を[ 70〜80% ]まで下げます。

手順③更にレイヤーを複製し、レイヤーモードを変更

ぼかしレイヤーを複製し、レイヤーの一番上に持ってきます(以降「質感レイヤー」)

イメージ>色調補正>階調の反転で質感レイヤーの階調を反転させ、

レイヤーモードを[ 覆い焼きカラー ]に変更。

手順④質感ブラシでクレヨン風に

マスクを作成し、黒色のブラシで質感をつけます。

ウェットメディアブラシの[ ドライブラシ、タオル ]等がおすすめです。

完成です!

中くらいのブラシで、端からポンポンと叩くように質感をつけてみました。

白ムラをどの程度残すかはお好みで…。

チューリップ/足成

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする